集客力アップ。誰でもできる人目を引くタイトルの作り方!

0424-1

CM(コンテンツマーケター)ならば、自分の作成している記事には、それなりの価値があると信じているだろう。そうでなければ、ネット上に公開することなどできないはずだ。

自信を持つのは悪いことではない。しかしその自信が時として、行く筋を間違えることになる。つまり、価値のある記事なので、当然多くの人が読んでくれると。冷静になって考えればわかるように、そんなことはあり得ない。確かに価値のあるコンテンツ記事なのかもしれないが、それはその記事を読んで見なければわからないことだ。

そこで重要となってくるのが、コンテンツ記事のタイトルである。

ここまでの話は、大概のウェブサイト運営について解説しているサイトで書いてあることだ。そして、この後、それぞれのサイトで考え方あるいは手順を説明していくことになる。しかし問題は、それらの解説を読んで、はたして自分で効果的な記事タイトルがかけるようになったかどうか。

ここで最も簡単で効果的な方法を紹介しよう。全文検索を使うことだ。

例えば、今書いているこの記事だ。最初のタイトルは「PR記事で学ぶ、興味を引くタイトルの作り方」である。このタイトル全文で検索にかけてみると、その結果は以下となる。

ついつい読んじゃう!?人の興味をひく効果的な見出しをつけるコツ

人目を引くタイトル付けの7つの方法 – 週刊アスキー

開封率が2倍になったメルマガタイトルの作り方|ferret [フェレット]

キャッチコピーを刺さらせるために有効な12のメソッドと秀逸な事例まと

読み手を引き込む文章の書き方。 | コピーライティング至上主義者の会

【売れるチラシの作り方】イラストレーターを使わずに「反響を10倍」にし

コピーとカリスマブロガーに学ぼう! 魅力的なタイトルの作り方 – はてな .

これだけ!プレスリリースの書き方 参考サイト厳選8選 – LISKUL

興味を引く記事タイトルの付け方 | アメブロアフィリエイト初心者講座

メルマガのCTRを100倍にする3つのポイント教えます。ECサイトのメルマ

検索上位のタイトルが表示される。それぞれの記事の中身には興味はないが、検索上位に表示されることには、タイトルが大きな役割を果たしていることは確かである。そこで、これらのタイトルの共通部分を考えてみる。そんなことは面倒だという人は、禁じ手ではあるが効果的な方法をまず紹介しておこう。

これらの記事で、公開日時が明記されているものがあるとしたら、2、3年前のものに注目。そしてその記事のタイトルそのままを自分が書いている記事に使うのである。もちろん、内容は自分独自のものである必要があり、またタイトルがその内容を反映していなければならない。●●●を実現する7つの方法のようなタイトルをつけながら、その7つの方法が記事に書いていなければ、単に信頼性を失うことになるだけである。

考える余裕がある人には、以下のことがらを検討。

まず考えてみるのは、これらタイトルに共通する部分だ。細かく考える必要はない。思いついたところで構わない。自分の場合だと、目に付いたのはこれだ。

人の興味を引く
人目を引く
興味を引く

検索用語にこれらの言葉が入っていたので当然なのだが、バリエーション検討には、もってこいである。

次の共通点はなにか。数字である。常套手段なのでだれでも知っていることだが、このように並べてみると、やはり効果的なのだと納得できる。

以上のことを考慮してできたのが、今回の記事タイトル。

効果アップ。誰でもできる人目を引くタイトルの作り方!

7つや15などのテクニック紹介的な記事は多いが、忙しい毎日、正直なところそんなテクニックを実践している暇はない。そんな人に最適なのが、今回の方法である。