東京オリンピック延期容認は賢明な判断

某都知事のありえない発言のような傲慢な態度を続けていれば、世界中から反感をかって、東京オリンピックも中止に追い込まれていたかもしれない。各国からの意見の多くは中止ではなく延期だったのだから、応援的なものとして受け止めるべきであり、感情的に反発した発言をするのは、最悪な対応である。

IOCの次の会議での結論が出る前に、ここで政府として東京オリンピックの延期を容認する考えを表明したことは、賢明な判断ではないかと、私は思う。

国内のオリンピック関係者も、実際のところこれでホットしているのではないだろうか。状況をみながら対策準備を進める余裕ができたのだから。