新型コロナ肺炎:変化する情報に注意する

経験が常に役立つとは限らない。時には過去の経験が邪魔をして、新しい状況にうまく適応できなくなってしまう時もある。

新型コロナ肺炎に関して、私がまさにその通りなのである。昨年の11月か12月ごろ、中国のウーハンあたりで奇妙な病気が発生しているとの情報をネット上で見た時には、何かその地域限定の風土病あるいは公害ではないかと思った。

ニュースに掲載されていた写真が、何か沼地のようだったので、その印象を強くしたのだろう。しばらくして今度はクルーズ船での感染拡大の話。この時に思ったことは、これはこのクルーズ船だけに関係することであり、自分の生活に影響するまでは予想していなかった。

この時期に多い意見あるいは感想の代表的なものは、インフルエンザとこの新型コロナ肺炎を同じようなものとするものである。

つまり、風邪と同じように3月に入れば自然と収まってくる、そのような考えである。結果論とはなるのだが、本当は2月の前半あたりが最も重要な時期であり、この時期にはっきりとした対策を取らなかったのが、今日の結果となったと言える。風邪と同じだとする、間違った経験が邪魔をしたわけである。

公的機関を含め、その後もこの新型コロナ肺炎に関しては様々な情報が発信されている。確かにそれらの情報はその時点では正しいのかもしれないが、事例が重なってくると、いくつかの情報は間違いだった例が続いている。

例えば、若年層には新型コロナ肺炎は感染しない、あるいは感染しても軽い症状などだ。確かに老年層では感染するとひどい症状になることは確認されているのだが、これは他の感染症と同じであり、新型コロナ肺炎特有のものではない。この老人層が過度に強調された結果、逆に若年層には被害が少ないとの印象を与えてしまったわけである。

ある意味この間違った認識が、現実生活でどのような影響を与えているのか。全国一斉休校の際には、公園なんかも閑散としたものであった。子供たちが外出も控えていたからだが、今はどうであろうか。行き場を失った子供たちで、公園などは随分な人混みである。

活動するにしても、人と人との間隔を少なくとも1メートル以上することが推奨されている現在、異常な光景であることは間違いない。若年層安全神話が大きな影響を与えているのだろう。

某都知事のオリンピック強行開催論にしてもそうだ。2月の時点ならば、まあこのような発言も許された。新型コロナ肺炎の感染地帯も限られていたことだし。しかし現在のような状況でもこのような発言を続けているのは、ある意味犯罪的な行為である。なぜか。オリンピックが何か感染を防ぐ魔法の杖のように感じている人が多いからだ。

その例もあげてみよう。オリンピック復興の灯火イベントである。このイベントの運営者は広告代理店かイベント会社であろう。この種のイベントの会場設定では、より混雑しているように見せるのが設計の基本である。イベントが随分と盛り上がっているようにとの演出である。

実際に開催してみるとどうであろうか。まさに混雑状況が実現したわけである。オリンピック利益者たちの狙い通りに。開催を強行した是非についてはここでは論じない。それよりも、参加した人たちの考えはどうか、である。

今のご時世、人混みの危険性を認識していない人はいないであろう。復興の灯火を見物することと、混雑に巻き込まれる危険性を天秤にかけた場合、私ならば、行くことはない。しかし、オリンピック=安全という盲信があれば、自分だってどうなるかはわからない。行くかもしれない。オリンピックに関係することは、新型コロナ肺炎に打ち勝つことなのだから。そのように思って。

以上は本の少しの例にしか過ぎない。一時の情報が、事態が変化した後も生き続けてしまうこと。よっぽど注意しないと、この危険な罠にハマってしまうことは、自分にも予想できる。どうするか。いつも言っているように、その情報の本を自分で確認する、これぐらいしか脱出する方法はないであろう。