薄っぺらいだけならば良いのだが

どこかの国の指導者だが、打つて打つてが失敗である。失敗の最大の要因は、その人間の信頼性であろう。どんな対策でも裏があるんだと疑ってしまうので、逆効果となってしまうのだ。

これまでのその国での好景気にしても結局は前政権の遺産であって、その人間の功績でもなんでもない。このような時期にこのような人間がいる。

歴史の悲劇だ。

銃や銃弾を購入する人間が急激に増えているとのこと。人々の間での憎しみを煽ることで権力を手にしてきた人間の影響ではないのか。悪い悪い予感がする。