引きこもり老人の話

少し前まではたまに用事で電車に乗るなどの外出をしていたのだが、急に家の外に出るのが怖くなり、今では引きこもり老人として暮らしている。家の中の食べ物もいつまで持つのか。我慢我慢の日々。

能無し役人たちが支配するこの国では、もう家の中に引きこもるしか生き延びる道はないのだから。

できないくせに出しゃばるな、保健所は。

4月4日現在、都だけでの感染者増が100人を超えた。すでに本サイトでも何回も書いているように、この100という数字はとても怖いものである。どの国あるいは地域でも新型コロナ肺炎の感染者が100人を超えると、あとは急激に感染者数が増加しているからだ。

ついこの前までは日本の対策はうまくいっているように思われていたのに、この急激な変化はどうしたのだろうか。不思議に思っている人も多いだろう。しかしこれは当然の結果なのである。

保健所がこの新型コロナ肺炎対策ででしゃばってきたのが、根本の原因なのである。連中ができることはせいぜい食中毒の感染源を特定して、発生源となったお店などに業務停止命令を出すぐらいなのである。

今回のような人から人へと感染する場合では、保健所は無力なのである。それなのにでしゃばってくるから、このように。これかだどのようになるかわからないが、これが大惨事になるようになったら、保健所の連中はどのような責任をとるのだろうか。

まあ関係書類を焼き捨てるなどの証拠隠滅に走って責任逃れをする。そのような光景が目に見えるようだ。

新型コロナ肺炎についての私の予言は、残念ながら実現したようだ。

本サイトの記事などを連続して読んでいる人はいないだろうから、連続ドラマのように前回のダイジェストをまず書いておくことにする。

あれは3月27日の記事だったか。その記事で私が書いたことは、その日感染者の増加が100を超えたので、もうこれは危機的な状況である。一週間後にはその真実がわかるだろう。そのような話である。

本日は4月3日の金曜日。あの記事からほぼ一週間。現状はどうなっているのか。本日の感染者増加数は300を超えてしまったのである。

何故私が100という数字を出してきたかと言えば、諸外国の例からも患者数の1日の増加が100を超えるようになると、そのあとは急激に患者数が増えているからだ。何か日本が特別に対策がうまくいっているように行政はこれまで粉飾してきたのだが、私からすれば、特別日本の対策が優れているようにも見えない。それよりも動きの鈍さでは、他国以上なのではないのか。

この一週間、政府やその他の行政機関は何をやってきたのか。しょぼい布マスクの配布と人々へのお願いだけであろう。緊急経済政策についても同じ。やるやると言ってからすでに一ヶ月以上も経過しているのでは。何事も決められない連中ばかりで、この先も相当暗いことになるのではないか。

役人の言っていることを無批判に信じ込んで、某TみたいなSNSであたかも自分の考えのように発言している連中にも、恐れ入るばかりだ。

多分これからよっぽどひどい事態になることは確実なのだが、その根本原因は、この新型コロナウィルスの検査をちゃんと行ってこなかったことである。現在をどうか。どこにどれだけの感染者がいるのか、全く掴めていない状態である。これでは有効な対策など打てる訳が無い。

色々と屁理屈をつけて新型コロナウィルス検査をしないようにしていた保健所なのどの機関。その屁理屈を信じて日本の対策はよくやっていると思い込んでいる馬鹿者連中。

本当のところはどうかと言えば、検査をしないのではなく、検査ができないのである。何故か。冷静に自分で考えてみればすぐわかることである。

同じ感染症でも保健所の主な対象は食中毒である。今回の新型コロナ肺炎とは全く違うものなのである。食中毒の場合はどうだろうか。感染者の数が限定されていることである。感染者の人々から聞き取り調査などをして、共通の食べ物などを探し、感染源を特定する。それがある飲食店などだとしたら、業務停止命令を出して、そのお店の消毒をする。これが保健所の主な仕事なのである。ポイントは食中毒の場合には、食中毒になった人からその食中毒が別の人にうつることは滅多にないことである。感染源からそれぞれの人が個別に結びついているだけなので、感染源の特定も比較的簡単だと言える。

インフルエンザの場合はどうだろうか。保健所が乗り出してきて、感染源を特定したなどの話は聞いたことがない。こちらの感染症では人から人へうつるのが特徴であり、このような場合では、保健所が行ってきた手法では対処できないのである。また例え感染源である人を特定したとしても、それでどうにかなるわけでもない。すでに感染が広がってしまっているのだから。

インフルエンザの場合の主役はお医者さんである。感染している人を症状から特定して、治療するとともに決められて期間は出歩かないように注意する。こちらの場合にはこのようになるわけだ。

だから、そもそも保健所及びその上部期間である厚生省が、新型コロナ肺炎対策であたかも主役のように振る舞っているのは、原理的に間違いなのである。それでもでしゃばっているのは、役人特徴の縄張り意識でしか過ぎない。自分たちにはちゃんとした能力があるような演技をしているだけなのだ。

新型コロナ肺炎に関しては保健所的な手法が役立たないことは、現在の感染状況からもはっきりしている。感染源が掴めない感染者が増加しているからだ。特に問題となるのは、役立たないだけならばまだしも、逆に感染を広げる要因にもなっているのではないか、である。

この件に関して詳しく検討してみよう。

保健所が新型コロナウィルスの検査を拒んでいることが問題となっている。何故このようなことを起こるのだろうか。疑問に思う人が多いだろう。保健所としては自分たちは正当なことをやっていると考えており、非難する人たちに対しては、素人が何を言っているんだぐらいだ。

食中毒の例で考えてみる。ここに腹痛を訴えている人が10名いたとする。保健所にとって理想的な状況は、全員が特定の食中毒になっている時である。この状態ならば、10名が共通に食べたものなどを調べれば、比較的簡単に感染源を発見することができる。

腹痛はあるが食中毒かどうかはっきりしていない人が何人か混じっていたとしたらどうなるか。当然追跡調査はするのだが、食中毒でない場合は、その調査も時間の無駄となる。また余計なノイズが入ることで、感染源確定にも時間がかかってしまう。つまり、保健所にとって都合の良い人間は、はっきりと病気が確定できたものだけなのである。

発熱が4日以上続いたら検査の申込。病気の人に対しての対処方法としては信じられないくらいの話である。この新型コロナ肺炎では病状が急速に悪化するとの事例も多い。それでも保健所がこの方針をいまだ変えないでいるのは、食中毒の事例で説明したように、はっきりしない検査対象を増やすのがいやだからだ。つまりは全くの自己都合なのである。

人から人を辿って感染源を見つける。保健所のこの方法は現在の新型コロナウィルスにはなんの効果もなく、いたずらに被害を大きくしているだけである。

今求められているのは、信頼できるデータを集め、そのデータの分析から正確な対処方法を考案することであり、それこそ感染症の真の専門家がやることであり、保健所あたりの人間などには無理なことなのである。

もう出しゃばるのはやめて、どのように検査体制を充実していくのか、医療機関との連携はどのようにするのか。役人には嫌いな役目かもしれないが、裏方でそれこそしっかりと働いてもらいたいものだ。

 

布製マスク二枚は確かに情けないが、その情けなさは私たちそのものではないのか。

政府が各世帯に布製のマスク二枚を配布することについて、ネット上では色々な意見が噴出しているようだ。否定的な意見が多いようだが。

政府の肩を持つわけでもないのだが、このような情けない状況となったのは、買い占めや転売を行っている私たちの行動そのものが原因なのではないだろうか。

私はそんなことはやっていない。多くの人はそうだろうが、しかしそのような行動に走っている人間たちが多数存在するのは確かである。

非難するならば、そのような人たちを非難すべきなのでは。どのような人たちかは私は具体的には知らないが。店頭に並んだこともないので。機会があれば、そのような連中の顔をじっくりと眺めてみるが良い。

非難すべき人を間違っているじゃないかね、お前は。

どうせ匿名の無責任発言氾濫の某TというSNSが発信源なのであろうが、海外から帰国し感染が判明した人たちへの個人攻撃が激化しているとのことである。

もう少し注意深くあって欲しいとは思うのだが、呑気な点では私たちとそれほど変わらないのではないか、と私は考える。実際、感染源が不明な感染者が増えているわけだから。非難しているお前だってもしかしたら感染源かもしれないのだ。新型コロナウィルス検査を意図的に少なくしているこの国の現状では、十分ありえる話でもある。

欧米からの帰国者が増加しているとのニュースを聞いた、私が真っ先に思ったのは、検疫体制は今度は大丈夫だろうな、である。まさか熱などの症状が出ている人だけに検査するようのことはしていないだろうな。すでに失敗した方法だから。

ところが本日の首相の国会答弁などを聞いて驚いた。全員検査はもちろんのこと、必要とされる二週間程度の自宅待機も要請していなかったのである。何だこれは。また同じ失敗をしているわけだ。

これから始めてももう遅いことは確かである。非難すべきなのは、帰国した個人個人ではなく、同じ失敗ばかりを繰り返している役人連中なのではないだろうか。

このことでもう一つ私が懸念していることがある。すでに以前の記事で書いたことなのだが、欧米経由の新型コロナウィルスはこれまでのものとは違ったものではないのか、である。何の知見もない私の考えなので、特別な根拠はないのだが、そう思えて仕方がないのである。どんなことか。以下に私見を述べてみたい。

米国のジョンズ・ホプキンス大が毎日更新している米国の新型コロナ肺炎感染マップである。図を見た印象はどうであろうか。私の印象は東海岸方面の感染具合がひどいである。

米国での初期の新型コロナウィルス感染状況は、東海岸のニューヨークと西海岸のカルフォルニアであった。しばらくこのマップを見ていなかったのだが、しばらくして見て大変驚いてしまった。全く様相が変わってしまっていたから。

条件はそれほど変わらないだろうに、何故東海岸と西海岸ではこれほどの違いとなってしまったのか。ここで私の素人考えの登場である。

西海岸はアジア地域との繋がりが深く、東部はヨーロッパ的ではないか。その違いが感染具合に現れているのではないか。独断的な意見としては、西海岸のウィルスと東海岸でのウィルスでは種類が違うのではないか。これである。

日本の話に戻す。調査数値に問題があるのかもしれないが、この国での感染者数が抑えられてきたのは、事実である。ところが最近、増加数が急激に増えている。感染した欧米からの帰国者が増えているのかもしれないが、それだけではないのではないか。その感染している新型コロナウィルスが私がいうところのヨーロッパ型のウィルスであり、諸国の例でもわかるように感染力も強くまた死亡率も高いものである。

つまりは、現在の日本の状況は以前とは異なり、ヨーロッパ的な状況になっているとも言えるのではないか。ということはどのようなことになるのか。

私たちは経済主義者に殺される、多分。

新型コロナウィルスの感染具合については諸国でそれぞれ違いがあるので、日本の現状をどのモデルに当てはめて考えて良いのかは、不明である。特に諸国のほとんどが検査体制の充実を計っているのに対して、日本では今でも検査を限定することに固執しているから。

以前の記事でも書いたことだが、特に最近では感染者数の中身が患者と感染者が混じり合ってしまっているので、尚更現在の状況が見えにくい。

ただそれでも言えることは、感染者数の増加が100を超えてくると、それはかなり危機的な状況となっている。例えば韓国では2月21日に感染者数の増加が100を超えて、その時の感染者数は204人。それから10 日ほどで4000人以上となった。20倍の増加である。たった10 日である。

日本の現在の状況はどうか。4月1日の増加数は237人以上となっている。韓国と違って日本の場合は検査制限の状況でこの数であるから、韓国よりももっとひどい状況ではないかと予想できる。

専門家会議も内実を知っているからであろう。緊急事態宣言を早く出して欲しいと望んでいるのだが、政権は何故かしら腰が重い。多くの人が疑念を感じていることではないか。

以下は私の推測であり、直接的な証拠があるわけではないことは断っておく。私の考えでは、政権が躊躇しているのは、経済に対しての影響がどのようになるか、それを心配してのこと。あるいは経済主義者的な存在がそのようにしているのか。そのようなものではないか。

単なる思いつきで言っているわけでもない。ネット上で散見される経済主義者の考えが、驚くべきものだから。

ここで個人攻撃を展開するつもりはないのでそれら人間の名前を掲載することはしない。またいくつかの関係する記事は、あまりの事態とかけ離れているのでびっくりしたのか、取り下げられている。

その主張を簡単にまとめれば、

経済がこのままではダメになってしまうので、早く新型コロナ肺炎収束宣言を出すべきだ。

このようなものである。人命よりも経済を優先しろというとんでもない妄言である。そして大概の経済主義者は財務官僚と繋がりがあるのではないかとの話もある。財務官僚の考えを反映しているのではないか。

国会でも平気で嘘を着くのが財務官僚である。先のような妄言をしていたとしても別段驚くべきことではないのだが、

こんな奴らのために多くの人の命が危険に晒されているのは、とても許される話ではない。

だから練馬が危ないと思ったわけだ

新型コロナ肺炎そのものについて書くのを止めようと思っていたのだが、こういい加減なことばかりが続くと、発言を止めるわけにはまだまだいかない。

行政の情報隠匿には呆れるばかりである。わかっていることを何故速やかに発表しないのか。どうせ役人たちがその情報を持っていたとしても、ろくな対策を取れるわけではないのだから。住民それぞれが自分の行動を制御するためには、わかっている事実関係を素早く公表すべきなのだ。

さて自分が住んでいる地域がすでに危険地域であることが、今回の都の発表でわかった。遅すぎる発表である。その地域とは練馬区及び西東京市である。

4月1日現在の話だが、この新型コロナ肺炎の感染者は練馬区で20と西東京市の8人である。特に西東京市に関しては他の市の人数に比べて飛び抜けて多い。そしてこのことはすでに私が予想していたことでもあるのだ。

どうしてそのように思ったのか。根拠は2つある。その根拠を説明していこうと思う。

もう一ヶ月前になるだろうか。同じ会社に勤務する入間市と新座市に在住する人がこの新型コロナ肺炎に感染したと報告されたのは。この時点でははっきりしていなかったが、今では怖い事実が判明している。

この新型コロナウィルスの感染では、大概48時間後に発症する

この事実である。あくまでも予想であるが、この二人の通勤経路は西武池袋線ではなかったのか。感染して発症するまで、行き帰りで合計それぞれが4回使用していた可能性もあるわけだ。練馬と西東京市で共通するものとは、それが西武池袋線である。何かしらの繋がりがあると思っても、それほどの的違いではないだろう。

次の根拠とは何か。Rというスポーツ施設の存在である。このRというスポーツ施設は近年西武池袋線沿線で、居抜きや新規施設でのしてきているものである。背後に何があるのか、私としては多いに疑問があるのだが、これについては何ら情報があるわけではないので、疑問は疑問のママにしておく。

それよりも、このRは今でも通常営業している。まあ商売だからこちらがケチをつける権利もないのだが、この施設に通っている老人たちのマナーの悪さは評判である。

以前の記事でも書いたことがあるのだが、この前電車に乗った時、大きな声で喋っている連中がいたので、思わず誰だかと確認してみた。二人組の婆婆である。話の内容からすぐにピントきた。あのRという施設のプールに通っている連中であると。

今時電車内で大声で話すような人はいない。いかにもあの施設に通っているババアらしい感じである。これでは感染があっても不思議ではない。

数字が出る前にすでに気になっていたことだが、都庁発表で改めてその懸念が正しかったと今の私には思えるわけだ。

 

 

家で暮らす:第一回は体調の管理

新型コロナ肺炎に関しては残念ながら、事態は悪化するだけであり、収束の見通しは遠い先のことになりそうである。

今は外出も自粛程度で収まっているのだが、近いうちに確実に外出禁止令的なところまで進むのは確実である。短時間の買い物は別にして、全てのことを家でやる時が間も無く到来する。

だから、身動きできない前に、家で暮らすための準備を早急に進める必要がある。ではどんな準備なのか。新たなシリーズを立ち上げて、本サイトで情報を展開していくことにする。

 

・体調を管理する

私自身としてはすでに5年前から在宅勤務的に仕事を進めている。それ以前は大方の人と同じく会社員として働いていた。初めての経験なので、随分と戸惑ったりしたものであり、慣れるまでには1年ぐらいは経過していただろう。

痛烈に実感したことは、通勤が思いの外運動になっていたことである。それが急に在宅勤務となるとその運動が全くなくなってしまうと、すぐに体調や気分が優れなくなってしまった。多分大方の人もまずはこの影響を受けることになる。

家で暮らすようになった場合、まず大切なことは、体調と気分をどのようにして健康に保っていくかである。そしてその出発点となるのが、具体的には腰痛である。この腰痛を予防することで、大きな障害もなく家暮らしを始めることが可能となる。

疑り深い経営者ならば、在宅勤務にすると仕事をしない人が増えるのでは、などと懸念するだろう。いかにもちっちゃい人間が考えそうなことなのだが、実際はその逆である。時間の区切りの意識が少なくなるので、逆に長時間働いてしまうことになる。

先に書いた通勤がなくなることでの運動不足とこの長時間労働が重なって、腰痛が起こることになる。少なくとも私の場合がそうである。

このようなご時世である。できる限り人が集まる場所は避けたいもので、特に医院などはそうである。自分で直していく必要がどうしてもあるのだ。

ではどうするのか。簡単で自分でも毎日実行して効果がある方法がある。それが正座である。フロアーに直での正座はきついので、座布団や畳の部屋でやると苦痛に感じることは少なくなる。

最近は正座もできない人が増えているようだが、最初は10 秒ぐらいだって構わない。無理して行わないことも重要なことである。人により異なるだろうが、一週間程度で5分ぐらいはできるようになるだろう。そして5分で十分なのである。

ネット上にも正座と腰痛の関係を詳しく説明しているところもあるので、是非参考として欲しいところだ。

なぜ、正座が腰痛に効果があるのか。腰痛になる原因は骨盤の向きである。子供の頃から背筋を伸ばすようにと言われてきたと思う。しかし実際行っているのは、背筋を伸ばすよりも、腰をそる運動となってしまっているのだ。腰をそる筋肉がいつも緊張した状態が続くと、それが腰痛となるわけである。

正座をすると、骨盤の向きを意識することができる。腰がそっていることが実感できるので、そこで骨盤の向きを意識的に調節することができるようになる。これで腰痛が解消となる。

ただ注意点としては、それほどすぐには効果が現れないこと。習慣病を直すようなものなので、続けていくことが大切である。最初から長くやろうとしないで、心理的な負担にならないよう、私の経験では、まずは毎日5秒間正座するぐらいの気持ちで始めるのが良い。

また次回の話にしたいのだが、この正座には心理的な効果も期待できる。一度に二度のことができるのも、嬉しい方法なのである。

英国の失敗が日本の失敗になる時が迫ってきた

現在は違うのだが、新型コロナ肺炎対策で英国は独自の方法を実行していた。乱暴な言い方とはなるのだが、ごまかしなしに言えば、

死ぬ人は死ねば良い

こんな方策である。英国の肩を持つわけでもないのだが、聞こえほどでたらめな方策でもない。ちゃんとした考えがあってのことで、無責任な行動ではないのである。

この方策の具体的な中身はどうなのか。

なるほどこの新型コロナ肺炎は怖い伝染病には違いないのだが、感染したした人が全てひどい症状となるわけではない。感染しての症状が出ない人あるいは症状がごく軽い人も多い。感染が広がっていくと、重い症状の人も出てくるが同時に、新型コロナ肺炎に強い人も出現してくることになる。そして予想では強い人の方が多いことになる。

その結果はどうなるか。新型コロナ肺炎に弱い人が二人いたとする。AとBである。Aが感染すると通常ならばBがすぐに感染することになる。しかしすでにこのウェルスに強い人が多数いる状態だと、AとBの間にそれらの人が壁のように立ちはだかって、そして感染が防げる。

このような考え方である。

随分と乱暴な方法なのであるが、利点がないわけではない。急速に感染が広がるが、しかしすぐに収束する、このような利点だ。中国ウーハンでの感染の中身は知らないが、期待していたのは、このことである。実際、ウーハンでは感染は現在のところ収束しているわけだから。

しかし現実はどうであろうか。この新型コロナ肺炎が都合の良いものではないことが、イタリアの例で明らかとなったわけだ。つまり適切な防御策を講じなければ、コントロール不可能に陥って、死亡者の激増など社会そのものが崩壊する危険性も生じるほどなのである。

だから英国もこれまでの方策を捨てて、他の諸国と同じような感染者隔離政策を中心としたものに切り替えたのである。この切り替えがうまくいくかどうかはわからない。感染者も死亡者も急速に増えているのだから。

日本の場合はどうか。あからさまに以前の英国式方策をとっているわけではない。学校の一斉休校も早い時期に実施しているわけだから。しかし、予防的な新型コロナウィルス検査をしていない点では、拡散を抑える方策が不十分であることは間違いない。

そして今の状況である。感染源が掴めない事例が多数発生している。社会にすでに新型コロナウィルスが拡散してしまっている状態だと言えるだろう。このような状態では大雑把な対応しかできない。いわゆる自粛行動であり、行政からのお願いでしかないので、守らない人もいまだに多数だ。メディアなどでは目立つ場所しか伝えていないので、自粛行動が成功しているように感じられるが、実際はそうでもない。近所の桜並木などでは、これまでの年と同様に花見宴会が盛りである。

4月の頭ぐらいの週がどうなるのか。安心できる状態でないことは確かである。

都合よく利用される専門家の言葉

専門家の意見が大切であることは当然なのだが、受けてである私たちとしては、最近は専門家のその意見が都合よく利用されていることにも注意を払う必要がある。私たちの判断が間違った方向に行ってしまう可能性もあるからだ。

具体的な例で検証してみよう。先日発生した、千葉の施設での新型コロナ肺炎集団感染である。ある放送局のサイト記事では、話の概要と後に専門家のコメントが追加されていた。その内容は以下のものである。

施設のような場所では3つの密が発生しやすく、従って集団感染が起こりやすい。このような集団感染を防ぐには〇〇が必要である。このようなものだ。

コメント自体としては正しのだが、今回の新型コロナ肺炎関連では、専門家の意図とは違った効果があるので、それについて私たちは注意が必要なのである。

どのような効果なのか。私の思考の流れを辿ってみよう。この集団感染の話を最初に聞いた時、すぐに頭に浮かんだのは、新型コロナ肺炎の検査体制についてだ。

この千葉の例では、たまたま施設の関係者が新型コロナ肺炎の症状を示すことになり、それで施設全体のコロナ検査が行われるようになった。その検査の結果が多数の感染者の発見である。つまり、この患者がいなければ多数の感染者が野放しになっていた可能性があるわけだ。

そしてこれは何も施設だけに限ったことではなく、現在の状況はこのようなものではないのか。知らないうちにすでに感染者が多く発生しており、そのうちに感染が爆発的に広がるのではないか。このままの検査体制を続けて行って良いのだろうか。危惧である。

しかし、専門家のコメントが掲載されたことで、最初の印象は随分と違ったものとなる。つまりはこのような感染の広がりは、施設という特殊な場所でのことであり、それがそのまま社会的に感染が広がっていることにはならない。このような印象に変化するのである。

最近、諸外国からも日本の新型コロナウィルス検査に対して疑念の声が上がっている。検査数が少なすぎるのではないか、そのような疑念である。

確かに諸外国の感染状況から判断するに、日本国内での新型コロナウィルスの感染者の数は極端に少ない。特に日本の対策が優れているとは思えないので、当然の疑問である。なぜ少ないのかの理由は私は知っているのだが、これはまた別の機会に詳細する。

今問題となるのは、専門家のコメントを載せることで、それらの批判に対しての逆批判としてこの記事が機能してしまっていることだ。そして私たちに根拠のない安心感を与えることにもなってしまうのである。

この根拠のない安心感で、私たちがどのように行動してしまうのか。この記事を書いた当事者はなんとも無責任な人間なのではないか。いかにも某国策放送会社がヤリそうはことではあるのだが。

→ことの重大さに怖気ついたのだろうか。いつの間にか該当する記事内容が全面的に書き直されており、専門家のコメントも削除されている。