大津園児殺害事故は中年女2人が原因

Posted on

池袋プリウス暴走事故があったばかりなのに、大津園児殺害事故という痛ましい事故がまた発生しました。大津で中年女二人による自動車事故の巻き添えで、園児や保育士さんの多数が死傷しました。大津園児殺害事故は、なぜ発生したのでしょうか。

詳しい事故原因は発表されていませんが、事故現場をGoogleマップで調べてみると、これは十分避けられた事故であることが予想できます。事故現場は信号機のあるT字路で見晴らしも良く何か障害物があって相手の自動車が見えなかったとは考えられません。本線を走っていた乗用車が支線に右折しようとした時、直進してきた軽乗用車がぶつかり、はずみで歩道に飛び出したこの軽自動車が園児、保育士を殺傷したわけです。

語弊があるかもしれませんが、車の右折などは運転していればよくある状況で、二人がそれなりの常識ある運転をしていれば、こんな事故が起こることはないのです。事故の状況としては以下の場合が考えられます。

・信号機が青:
直進車優先ということになり、右折する車は待つことになっているので、普通では衝突事故など起こりません。前に車があってその車の後をついていたら衝突。このような場合も考えられますが、滅多にないことなので可能性は低いでしょう。*あるとしたら右折車の脇見運転などか

・信号機が黄色:
この場合は直進車が停車し、乗用車が右折します。しかし最近は黄色信号でも交差点に突っ込んでくる車(当然交通違反)が多いので、右折する車は特に注意が必要となります。

黄色信号の場合の方が若干事故率は高いかもしれませんが、片方の車は停車状態なので、事故の確率は他の事故原因に比較してそれほど高くはないでしょう。以前は交差点に最初に入った車の方に優先順位があるという曖昧な交通規則でしたので、交差点での事故が多かったのは事実ではありますが。

では、なぜ今回の事故が発生したのか。わたくしとしては2つの車を運転していたのが、それぞれ中年女であることに注目したいと思います。このように書くと、女性蔑視者の発言だと勝手に判断して頭にくる人もいるかもしれません。しかし以下の話は、わたくしが実際に経験したことから類推したことであり、何も抽象的で頭ごなしの女性一般論でないことはぜひ理解して欲しいところです。

外面的な事故要因は別として、この事故の根本原因は「度が過ぎた権利意識」だとわたくしは考えます。例えば信号機が青の場合を考えてみます。対向車線を走っている車が交差点までの距離もあるし、それほどスピードも出していないようなので時間的な余裕があると判断し、右折を開始します。ところが、遅いと判断していた車が急にスピードをあげて交差点に突っ込んでくる時が、たまにあります。これなどは本当の恐怖です。まさにわざとぶつかるような仕業なのです。

黄色信号の場合は、判断が難しいところ。警察もどちらにどのような責任があるのかが今の時点では判断できないので、両者が逮捕されたのでしょう。黄色信号ではもう右折車の方に右折権利があると判断して前方不注意で右折してしまったのか。交通ルールでは、黄色信号で突入した車に責任がありますが、右折車にしても交差点での安全確認義務があるので。

どちらの場合にしても、このようなおかしな運転が発生するのは、先にも書きましたように「度がすぎる権利意識」です。どちらかあるいは両方が相手を尊重すれば、このような事故が起こるわけがありません。直進する車の親切な運転手さんなどは、右折しても大丈夫だとサイン(ヘッドランプを点滅するなど。まあ最近は随分とこのような機会も減りましたが。)を送ってきてくれることがあります。直進優先のわたしの車の前を横切るとは何事か。信号が黄色だから右折するのは当たり前よ。こんな感じでは。わたくしには到底理解できませんが。

上記のような話ならば、男の場合でもありうるのでは。何も中年女を強調する必要はどうなのか。もっともとな意見ではありますが、わたくしの経験でどうしてもこのような話になってしまうのです。個人的な経験で申し訳ありませんが。

具体的な例で言えば、わたくしとしては最近富に増えていると感じる、中年女グループの電車内でのおしゃべり。朝の満員電車でこの手のグループに出会うと、その日一日中不愉快でたまりません。特に怖いと思ったのは、初老の紳士があまりにもうるさいので注意したところ、私たちの言論の自由を妨害するのかと、食ってかかった場面を目撃した時です。まさに度が過ぎた権利意識なのです。これはわたくしだけの特殊な経験なのでしょうか。もう何回もこのようなことを経験しているので、上記の自動車事故に対しても、自動的に類推が働いてしまうのです。

わたくしも含めての話ですが、自分には関係ないと思っていると、これからとんでもない社会になるかもしれません。というのも、社会の悪習というものは、あっという間に病気のように伝染するからです。

ここに怖い調査結果がありますので、ご紹介しておきたいと思います。米国での肥満傾向です。米国では現在肥満が社会問題化しているのを、聞いたことのある人も多いのでは。しかし、昔から現在のような状況になっていたわけではありません。1990年には肥満率15%以上の州は一つもありませんでした。それが2009年になると、肥満率20%を下回ったのは、たったの一州になってしまいました。

なぜ、このようなことが起こるのか。学者の分析では、例えば友人が肥満していると、その友人の友人(例えば自分)が肥満する率は171%になるとのこと。まさにインフルエンザが広がるよりも強力な拡散力なのです。

まさに中年女グループの電車内での馬鹿騒ぎも、この見本のようなものであり、ここ数年で出会う機会がどうも多いような気がしていましたが、ちゃんと理由があったわけです。度が過ぎた権利意識。自分達さえ良ければ周りの人の迷惑は御構い無し。今回の大津中年女二人の園児殺害事故も、その反映なのではないか。

わたくしの度が過ぎた心配ではないと良いのですが。まさか携帯電話を見ながらの運転中。

*追記:そんなところで信号を待っている園児たちが悪いような、いつもながらのつまらない自己責任論を展開するものがまた出てきていますが、とんでもない話です。こいつらは、加害者である中年女二人の仲間なのでは。そしていつもながらのマスコミの狂った人権感覚。なぜ被害者側がマスコミのつまらない質問に答えなければならないのか。会見にしてもマスコミからの強制的なものとの感じがします。被害者側としてちゃんと説明する必要があるなど、わけのわからない屁理屈で。

(Visited 88 times, 1 visits today)