不吉な11と令和の大嘗祭:陰謀説の行方

Posted on

天皇にとってもっとも重要な行事は大嘗祭です。天皇一代でたったの一回しか行われない大嘗祭が、今年の11月に行われることはすでに決定されていることです。この11月を聞いて、不安が胸を横切った人もいるのでは。そう、11というのはとても不吉な数字だからです。単に言い伝えからではありません。実際に11に関連して大事件や大災害が起こっているのです。ニューヨークの高層ビルに旅客機が突っ込んだ9.11のテロ。3.11は誰もが記憶にある東北大震災とそれに伴う原発メルトダウンです。放射能についてはその拡散を止める手立てもなく、いまだに手付かずの状況で、世界的な汚染に広がる危険性も大です。

ダン・ブラウンのダヴィンチコードで注目されたダヴィンチの「最後の晩餐」。実はこの絵にも、キリストを待ち構えている悲劇を象徴するように、悪魔的な数字である11がいたるところに隠されているのです。

13-2:11→この最後の晩餐の後、キリストは処刑され裏切りのユダも死ぬことになります。最後の晩餐の出席者は13人なので、11は二人が間も無く死ぬことを象徴しています。

10+1:11→キリストの両脇では、一人の使徒が両手をあげ、反対側の使徒は人差し指を伸ばしている。二人の指の数を合計すると、当然のことながら11となる。

11→絵の側面のパネルと窓の数

11→世界の終わりを示す黙示録。Apocalypsisも文字数の合計が11です。

いたるところに数字の11が隠されていて、興味があるところ。最後の晩餐では、キリストが裏切りを告発しつつ、反キリストの出現を予言しているのです。

と、ここまで真剣に読んできた人には申し訳ありませんが、上記の話はデタラメです。もちろん、数字的には間違いはありませんが。誰がこのようなデタラメを書いたのでしょうか。「薔薇の名前」で有名な、ウンベルト・エーコ氏によるものです。

氏は何も私たちを誤魔化そうとしてこのような文書を作った訳ではありません。氏はダン・ブラウンによるダヴィンチコードに批判的です。内容のデタラメさばかりでなく、一番大きな疑惑は、この本が盗作ではないかとうものです。実際に、ダヴィンチコードに書かれている内容そっくりな詐欺文書で、大掛かりな詐欺事件が発生したことがあるのです。わたくしもエーコ氏による詳細な説明を読んだのですが、疑いは深くなるばかりです。

このような話を展開してきたのは、最近の秋篠宮家陰謀説について考えているからです。なぜこのような馬鹿話を信じる人が多数いるのか、そこが不思議だからです。このような動きをエーコ氏は陰謀症候群と読んでいますが、この病気の特徴は以下のものです。エーコ氏がわかりやすく書いているので、そのまま引用することにします。

以下引用:
ふつう、陰謀説は、様々な偶然の一致に深い意味を持たせたり、本来なんの関係もない複数の事実を結びつけたりすることで成り立つ。
以上引用終わり

まさに秋篠宮家の陰謀説もこの典型だと言えるでしょう。ただ多くの人は、そんな陰謀説など興味もなく自分には関係ないと思っているでしょう。しかし、陰謀説がはやる時代は特に注意が必要であり、その害が関係ない人にも及んでくる場合が多いのです。その典型的な例が、ヒットラーです。

最近はヒットラーを擁護する発言も増えているようですが、彼の実像を知らないとんでもないバカ連中です。一介の浮浪者にしか過ぎなかったヒットラーが、優秀とされるドイツ国民を騙して独裁者となったのか。しかもヒットラーはドイツ人でもなくオーストリア人なのに。

それは、彼が裏切りと陰謀の悪魔的な天才だったからです。代表的なのが国会の放火事件。彼の陰謀であり、この機会を利用して対抗勢力を一掃してしまいます。わたくしも以前の記事で書きましたが、平安時代の応天門の変。藤原氏による陰謀事件であり、この事件をきっかけとして、古代からの名門豪族である大伴氏が根絶やしになってしまいました。人は同じようなことをするものです。

興味深いのは、ヒットラーが独裁者になってからのこと。彼は特に陰謀説に敏感で何かの陰謀説が出てくると、それを防ぐための陰謀説を作り出すのに必死だったと。

つまり陰謀説などを垂れ流す連中は、今の世の中でもその本質は同じで、実際の生活でも陰謀的なことを実行している訳です。このような人たちには要注意。いつ自分がその陰謀の犠牲になるかもしれません。職場なんかでの噂話で犠牲になっている人も多いのでは。

では、このような陰謀症候群の人たちはどのようにして見分ければ良いのでしょうか。残念ながらわたくしとしても現在研究中であり、はっきりしたことは今はいうことはできません。地道な方法ではありますが、まずは人の話を鵜呑みにすることだけはやめて、自分自身でじっくりと考えてみることです。

(Visited 1,195 times, 5 visits today)