老人性自動車事故症候群?

Posted on

少し前まで、自動車事故といえば、お年寄りの犠牲者が多いこととなっていました。現在もその傾向は変わらないと思いますが、最近多いのは高齢者による自動車事故、特に暴走です。つい先日も池袋で暴走事故があり、母子がなくなりました。お気の毒です。特に身内の方には突然のことであり、ショックも大きいのでは。残念なことです。

事故を起こした人の責任は当然問われるべきことではありますが、刑事事件と異なってその人が悪意で起こした訳でもなく、親族としては複雑な心持ちでしょう。飲酒運転による事故などはもちろん論外ではありますが。

ただ今回の事故については、メディアの伝え方には相当な違和感を私は感じています。87歳運転の車による暴走事故。各種メディアもこのような伝え方です。事実でありそのこと自体は問題がないにしても、例えばこれが「女による暴走事故」あるいは「身障者による暴走事故」などと表現されているとしたらどうでしょうか。

これらの表現には違和感を覚える人も多いかと。直接的な表現は避けていますが、これらの言葉の背後にある意図は明白です。言い換えてみれば、

女だからこのような暴走事故を起こした。あるいは
身障者だからこのような暴走事故を起こした。このように読み取れる訳です。

以前の記事で取り上げたことですが、トヨタ社のTwitterで「女の人は自動車の運転がやはり苦手ですか」と発言したところ、猛反発を受けたことがありました。*関連記事>>
87歳を強調する今回事故の各メディアの表現にも同じことが言えるのではないでしょうか。高齢者が運転しているからこのような事故が起こった、このような話の展開です。

事故原因の詳細も明らかになっていない時点での、このような思い込みでの発言。大げさかもしれませんが、ネット上でのヘイトスピーチとどこが違うのか。そんな感じです。特に問題だと思ったのは、某国営放送の内容。運転していた人の近所を取材して、車庫入れで苦労していたとの目撃情報を堂々と放送していました。車庫入れと暴走とどんな関係があるのか。メディアがこんな印象操作をしていたのでは、まずは話にはなりません。

印象で物事を語ることが許されるならば、こんな話はどうでしょうか。私がこれまでの自動車暴走事故で受けた印象は、このような事故を起こすのは特定メーカの特定車種である、となります。今回の事故現場の写真を見て、私が真っ先に思い浮かべたのは、このことです。もちろん、単なる私の印象論をネット上で展開するつもりはありませんが。

何故、私がこのような話にこだわっているのか。それは物事を矮小化することの危険性を危惧しているからです。年寄り=運動能力欠如=運転禁止。まあこのような展開にはなるでしょうが、果たしてこのような事故は、運転している本人だけの問題なのでしょうか。

暴走した当事者の夫婦は命をとりとめ、はねられた親子だけが死んでしまう現実。運転手がパニックに陥った時のためのセーフボタン。あるいは自動運転技術の一部の先行導入など。やるべきことはたくさんあるのに、それら可能性に蓋をしてしまうのが、恐ろしい。

煽るだけでのメディアにはほとほと呆れてしまいますが(大谷昭宏氏「お年寄りに優しすぎる。パスを受け取り、車も乗りますは独善的だ」)、ネット上ではきちんとした情報を発信している人も多いです。例えば以下のページ。

https://clicccar.com/2019/04/21/752089/

具体的な防止策も解説されており、身の回りに心配するような人がいる場合は、多いに参考となるでしょう。

*追加情報:某国営放送が今回はいやに細かいところまで追求していると思っていましたら、もっと大きなことを隠すためだとわかりました。どうせわかることなのに。

(Visited 101 times, 1 visits today)