本の散歩→加藤周一「読書術」

Posted on

人それぞれで本の読み方は違うと思いますが、私の場合は、一人の作家の本を集中的に読みます。いつから始まった習慣かは忘れましたが、もう数十年続けているものです。このような本の読み方をしていると、どうしても本の端境期が発生します。ある作家の全作品を読んでしまうと次に読む本がない、このような状況です。

以前でしたら近所の本屋さんにぶらっと立ち寄って次の本を探していたのですが、最近はめっきり本屋さんの数も減ってしまいました。都心の大型書店にいく手もあるのですが、本を選ぶには逆に大きすぎて疲れてしまいます。そこで私にとって役に立っているのが、図書館です。引越し先に幸いにして近所に図書館があったのが主な理由ですが、それだけが理由ではありません。

今住んでいるところは練馬区です。広い地域ですので、図書館もいくつかの場所に設置されています。同じ区立の図書館なので、蔵書の種類もほぼ同じではないだろうか。以前はこのように考えていました。しかしちょっと遠出した際に、少し休憩しようとして近くにあった図書館に寄ってみました。ついでに書架をのぞいてみると、近所の図書館とは随分との違い。近所の図書館では外国文学などは雑多に並べられているだけで、ちょっと選んで読む気もしませんでした。立ち寄りの図書館は全く別のようで、並べられた外国文学もよく整理され、作家の選別も的確なものです。

単に建物の外観だけではなくその中身も、同じ練馬区立図書館でも違うのだな。このことがわかってから、図書館通いが断然と楽しくなったわけです。これは余談ですが、散歩の目的地として色々な図書館を設定するのも、また楽しみになりました。本の散歩です。

本日はそんな本の散歩から出会った本を紹介したいと思います。加藤周一氏の「読書術」です。何故この本を選んだかの理由は後からするとして、この本がどのような本なのかをまずは紹介しておきます。いつものことですが、下手に私が紹介するよりも、出版社が書いた広告文的なものの方が的確に説明してあるので、そちらを引用させていただきます。

ーーーーーー出版社の紹介文
急がば回れ、古典味読の読書術。新刊を数でこなそう読書術。臨機応変。読まずにすます読書術。原書に挑み、原語に触れる読書術。新聞・雑誌は看破術。解説本なら読破術。書物の裏表を知りつくした著者が読書の極意を明快に指南し、読書と共にある人生のよろこびを語る。
ーーーーーー紹介文終わり

文芸評論家などとして大いに活躍した加藤周一氏ですが、2008年に亡くなっております。もしかしたら知らない人もいるかもしれませんので、同じくこの本から著者紹介を引用させていただきます。

ーーーーー出版社紹介文
1919ー2008年。東京大学医学部卒業。文芸評論家・作家。都立中央図書館長。1951年渡仏、55年帰国。以後、文学・文化の両分野で精力的に文筆活動を展開した。「抵抗の文学」「雑種文化」「羊の歌」「日本文学史序説」「現代ヨーロッパの精神」「私にとっての20世紀」などのほか「加藤周一著作集(全15巻)」がある。
ーーーーー紹介文終わり

さてこの本の話。この本を図書館で目にしたのは単なる偶然ではありますが、この本を手に取ったのは理由のあることです。最近、佐藤優氏の読書関連の本を読みました。内容も優れており素晴らしい本だとは思いました。これは全く自分側の事情なのですが、同時に自分にはこのような読書術はできないな、と思いました。

確かに佐藤氏が書いているような読書法も2、3ヶ月限定ならば、いくらズボラな私でもできないことはないと思います。しかし私の日頃の生癖からすれば、その反動が怖いところ。ある日突然、本を読むこと自体が嫌になってしまうのではないか、そんな心配があるわけです。

よくも知らないでの話ではありますが、私としては加藤周一氏はなんとなく厳しい人という感じがしていました。厳しいということで具体的な何かを思い浮かべるわけでもありませんが。この本に限って言えば、その印象は間違いだといってよいでしょう。とにかく気楽に本が読めるような方法を伝える、この本の特徴です。具体的な書物や著者の名前も出てきますが、主題はあくまでも本の読み方です。

自慢するわけではありませんが、佐藤氏の読書論的な本を読んで思っていたことは、一般的に効率的な読書方法というものはなく、あるのはその本に適した読み方だけだ、です。ただ残念なのは、私の能力不足で、具体的にどのような方法かは思いもつきませんでした。

偶然の神様もたまにはよいことをするもので、図書館で偶然見つけた加藤周一氏の「読書術」にその答えがあったわけです。どのような読み方なのかは、各自でこの本を読んで確認して欲しいところです。私として、特に印象が残ったところを取り上げてみます。

私たちがよく読む本のほとんどは、日本語で書かれたものです。もちろん日本語=日本人ではありません。その他に読む本で多いのは翻訳本です。外国語で書かれた本を日本語に訳した本です。これら翻訳本を読んでいると、知らず知らずのうちに誤解してしまうことがあります。それは例えば英語の単語を該当する日本語に変換するのが、翻訳であると。つまりは単に使われている言葉の違いだけで、文章そのものは同じであると。

確かに文章としても同じ感じになりますが、本当のところは使う言語により人々の考え方も大きく異なるのです。詳しい話はここでは省略しますが、加藤氏の本によれば、英語などに代表されるヨーロッパ語では、全体を表示してから細部に至るが考え方の基本です。一方の日本語では、細かいところから入って最後に全体を示すことになります。

でどうしたの?と思うひとも多いことでしょう。私の生活には全然関係していないこと。しかしながらネット時代ではそうもいっていられない事情があります。現在ネットで発信している人のほとんどは、ブログサービスやSNSなど他人が作ったプラットフォームを利用しています。この状況がこれから長く続くとは、私には思えません。多分近くうちに個人個人が自分のメディアを持つことになるでしょう。

そのような時、必要なことは自分発のメッセージをどのようにして広げていくかです。SNSのようなお義理混じりの反応を期待するわけにもいきません。結局は検索ということになるのですが、ここで大きな問題が発生するのです。検索機能は外国発のものであり、その考え方の基本はヨーロッパ言語です。そして私たちは、日本語的な発想で書かれたメッセージを発信するわけです。

日本語的な視点で見ればつまらないメッセージが、ネットでは逆により広がる可能性も出てくることになります。その時、私たちの選択は。大げさではなく、文化的にも大きな問題になるに違いありません。

(Visited 23 times, 1 visits today)