ネット事件簿:恥知らずな原子力村

Posted on

日本特に東北地域の漁業関係者にはとてもショックなニュースがありました。韓国など外国による日本産水産物の輸入差し止め処置が、WTOにより合法的だと判断されたことです。今後数十年あるいは数百年に渡って、東北地域の水産物は輸出ができなくなるわけです。ましてこのことは自分たちの責任でもなく、東京電力をはじめとする原子力関係者の怠慢によってもたらされたわけであり、水産関係者の無念さは想像を絶するものでありましょう。

桜田なにがし大臣がクビになりました。本人の馬鹿さ加減もさることながら、このような人物を選んでしまった私たち選挙民の馬鹿さ加減の反映でもあり、彼本人を糾弾しても仕方がないこと。桜田なにがしが勝手に国会に乗り出したわけではないのだから。これはこちらの責任が重大。

そんなことよりも、ずっと悪質なのが、日本原子力産業協会が作ったホームページ(あつまれ!げんしりょくむら)。フクシマの原発事故がなかったようなその姿は、無責任そのものです。第一ホームページの表紙の絵。誰が描いたのだろうか、下品そのものです。まあこいつららしいイラストレータを的確に選んだとも言えますが。*ロドニー・グリーンブラットという説もありますが、確認はできません。まあパクリかもしれませんが。★こんな絵を描いているイラストレーターです。

 

どのようなサイトかはネット上で探ればすぐわかります。閉鎖してことがすむと思ったら大間違い。どんな情報をどのように発信していたかはすぐにわかるというものです。

桜田なにがしの話の時もそうでしたが、私が関心があるのは、組織的などといった表層的なものではありません。いったい誰がこのようなホームページを作っているのか、など具体的な人間です。ですから、日本原子力産業協会への一般的な批判では満足しないのです。誰がこのような協会の構成員なのか。ちょっと調べてみました。

まずはサイト訪問。気持ち悪いトップページ。大丈夫なのだろうか。こんな気持ち悪いホームページってみたことない。https://www.jaif.or.jp/

誰がこの協会に参加しているのは、こちらのページで確認できます。
https://www.jaif.or.jp/about/member/list

民間企業がこの協会に参加していることに関しては、私としては別段異論はありません。それぞれの企業での事情でしょうから。ただ思うのは、これだけの数の企業が関係していることは、忖度的なことも随分と多いのかとも。あくまでも私の勝手な思い込みだと良いのですけれども。

やはり問題だと思うのは、多くの自治体が参加していることです。まあこれもその自治体に属する住民が納得しているならば良いのですけれども。今回の恥知らずの事件で、該当する住民の方々も再考したらどうでしょうかと、余計な話。

WTOの結論判決を、自分が外国の人だと思って考えてみたらどうでしょうか。この判決の究極的に意味することは、日本の関係者の話は信頼できない、ということです。WTOの関係者ならば、今問題となっているサイトを見ているに違いありません。なんの反省もなく自分たちの利害だけを優先している連中の話など、誰が信じるものでしょうか。フクシマの状況は改善している。メルトダウンした放射能物質の閉じ込め作業も始めていないで。こんな能天気な発言をしていたのでは、東北の漁業関係者はあまりにもかわいそう。

https://www.jaif.or.jp/190410-2

ーーーーこの講演の内容:以下引用
また、もともと水の成分にも含まれるトリチウムだけは浄化装置で汚染水から取り除けないという課題がある。経済産業省のトリチウム水タクスフォースが立ち上がり、多核種除去設備等処理水の取り扱いに関する小委員会における議論が交わされた。そこでは地層注入、海洋放出、水蒸気放出、水素放出、地下埋設という5つの処分方法について
ーーーー以上引用

原子力専門家のおきまりのパターンとして、問題とされる物質についても自然界に存在するような話をしますが、質ではなく量が問題であることの議論をうまくはぐらかしていることにあります。ここでの発言もその典型です。まあそれでも取り上げただけでも科学者としての良心は感じますが。残念なのは、対策についての話。やはり日本は海洋放出をするのではないか。諸外国の疑念を強めるだけであり、WTOの判決も故なきことではないことが、この発言からでもわかるわけです。

■付録のデータ:日本原子力産業協会の主要メンバー
*どのような立場の人かがわからない場合が多いので、あくまでも私が注目した範囲です。

今井 敬:会長
名前を聞いたことのある人は多いかも。経団連の前の会長です。生活にも困らないほどの財産もあるだろうに、なぜこのような協会会長職を引き受けるのか。私にはよく理解できません。*副会長は東芝関連人です。

高橋明男元東京電力フェロー:理事長
このような協会の常として今井氏あたりは飾り的な役割でしょうが、実質的な協会のトップは、理事長でしょう。私が細かいことを調査するのは、一種の推理小説的なところがあります。しかし大概はつまらない結果に。予想が簡単な結末だからです。今回も期待を裏切る話。なんだまた東電関係者かよといった感じ。

その他理事も数多くいるのですが、なぜこの職についているのかその理由がわかりません。いい加減なことをいって個人攻撃の素材を提供するのも問題なので、このくらいでメンバー紹介はやめておきます。

 

(Visited 123 times, 1 visits today)