実践ホームページ運営→記事テーマを決める

Posted on

ホームページ運営に関しまして昔からある論争は、量か質かです。何のと言えば、ホームページに掲載する情報(記事)のことです。どちらを選択すれば良いのか。その判断は時とともに変化しています。Googleの検索エンジンが進化して、記事内容についても正当に評価ができるようになった。一時期注目された話です。この時には、ネット関連のサイトのほとんどは、何よりも記事内容が重要だと主張しました。このこと自体は別段悪いことではありません。何よりもサイト訪問者に有益な情報を提供することが、サイト運営の目的に一つだからです。

私にとってではありますが、問題となるのはこれ以降の展開。テクニカルな話に発展して、やれ文字数はどのくらいが良いのか、あるいはタイトルに数字を入れると効果的などの話となりました。それを信じてやっていた自分を今から振り返れば呆れるばかりですが、それが原因の一つで、結局はサイト運営も中断することになったわけです。何しろ記事を書くことがつまらなくなってしまったのです。

事態が大きく転換したのは、あのキュレーションメディアの一件です。パクリ記事ばかりを掲載していたサイトはもちろん非難されたわけですが、そのようなサイトの記事を検索上位としたGoogleもまた非難の対象となりました。特に問題とされたのは、価値のあるオリジナル記事よりも、パクリ記事の方が上位にランクされたことです。内容まで分析するほど検索能力が向上した。本当か?

最近の現状はどうか。結局は量も質も両方大事だね、ということです。簡単な話ですが、しかし実行するのは難しいことです。第一、量と質が議論となったのは、両立が難しいからです。ではわたくしたちは実際はどのようにすれば良いのでしょうか。これを考える前にウェブサイト運営についての以下の2点について理解しておく必要があります。

・ロングテール運営
・記事の質は読者が決める

この2点です。それぞれについて説明していきましょう。まずはロングテール運営についてです。記事を発信しているものとしては、どうしても多くの読者を獲得しているものに目が向きます。しかし大事なことは、短期的な結果だけで判断しないことです。いっぺんに多くの読者を獲得するわけではない記事でも、徐々に読者数を増やしていく記事もあります。これらの記事の読者総数と人気記事の読者数を比較してみると、同じくらいかそれ以上の読者数になることがあります。

次は、記事の質は読者が決めるです。日々記事を書いていてわたくし自身が感じていることは、自分の評価と他の人との評価とは異なる、ということです。自分ではよくできた記事だと思っていたものが、意外と読者数が少なかったあり、あるいは逆で気楽に書いたものが多くの読者を獲得したりして。

上記のことを考えれば、自ずから結論は決まってきます。つまりのところは、ホームページ運営では、まずは量(発信する情報量)に重点をおくべきなのです。もちろん、闇雲に量を増やすために他のサイトの記事をパクるなどは、絶対にやってはならないことですが。良質な記事の長さはこれこれなどの話は横に置いて、それなりに自分で自信が持てる記事を書き続けることが大事なのです。

ではどのようにして記事の量を増やしていけば良いのでしょうか。簡単な方法がありますので、本記事の結論として話しておきます。

特別に何かを調べなくても、大概の人は30ぐらいの異なるテーマで記事あるいは文章が書けると言われています。ですから、早速ご自分で試してみるのも良いですが、やはり30の記事を書くのは、それなりの労力が必要とされます。何よりも、30書かなければならないという心理的な圧迫で、楽しんで記事を書くことができなくなってしまいます。

そこでわたくしが考える方法としては、まずは5つのテーマで記事を書いてみることです。運営しているビジネスに関係する話が適していますが、それは絶対ではありません。読んだ本。気になる飲食店などでも一向に構いません。そして書き上げた記事はすぐに公開してください。間違いがあったとしても公開後でもすぐに直せるのがネットの利点です。必要なのは勢いなのです。

公開後の2、3日したら、書いた記事のタイトル(全文)で検索してみます。Google検索の記事登録は最近は早いので、すぐに結果が検索画面に表示されるはずです。もちろん記事タイトルが独自のものである必要はあるのですが。

この行動は、自分の書いた記事がどのランクとなるかを調べることではありません。自分のタイトルと関係のある他の記事も検索画面に表示されるので、それらの記事を知ることが目的なのです。同じようなテーマを扱っていても、扱い方は随分と異なることでしょう。それらの記事内容を精読する必要はありません。扱い方の視点がわかれば、それで十分です。このようにして他の記事を調べてみると、同じテーマでも5、6つのバリエーションが書けることがわかると思います。そして今度はそのバリエーションを主題として記事を書けば良いのです。この方法ならば、最初のテーマ5*バリエーションテーマ5で、25の記事が書けることになります。

今度は出来上がった25の記事それぞれで同じようなことをしてみます。面白いことですが、タイトルがちょっと変わっただけでも検索画面に登場する顔ぶれは異なってくるものです。そこで今度は、25*5で125の記事となるわけです。

もちろんそれぞれの記事は考えながら書くわけですから(丸写し的な行為は後で痛い目にあいます)、それほどの短期間ではできませんが、記事を書くごとにいちいちテーマを考えながら記事を作成するよりも、数倍早く記事の量が確保できます。

ちょうど飛行機が飛び立つように、この期間は急激に機首を上げている時です。目的の高度に達したらあとは巡航速度に変更。記事反響などもそれなりに価値のあるものとなっていますので、それらのデータを読み解きながら、軌道修正を繰り返していけば良いわけです。

(Visited 7 times, 1 visits today)