「普通の主婦」に感じる違和感

Posted on

ネット上の言葉にいちいち反応して過激な反対言葉を撒き散らす。いわゆるネットクレーマーの行動に共感を覚えるものではありませんが、しかしそのような反応を引き起こしてしまう元凶のようなものがあるのも確かです。最近、私が異和感じているネット上でよく見かける言葉が、「普通の主婦」というものです。記事内容そのものは、新し働き方的なものであり良いものだと思いますが、タイトルで使われているこの「普通の主婦」という言葉が嫌なのであります。

皆さんはこの言葉に対して、どのように感じますか。例えば自分が会社帰りだとして、家の近所の人がどんな理由だかわかりませんが、私の噂話をしています。そんな時、耳に聞こえる言葉が以下のものでしたら、どのように感じるでしょうか。

〇〇さんの旦那さんて〇〇企業のお偉いさんらしいけれども、どう見ても普通のサラリーマンよね。

ご近所の人たちに軽く会釈して、今の会話を聞いていなような感じで足早で立ち去ることでしょう。心には幾分かの不満を抱いて。

普通は普通ではなく、特別な力もないという否定の言葉なのです。「普通の主婦」と言った場合、解釈によっては、主婦全般が特別な力がない人とも受け取られかねません。なぜ人は安易に他の人の評価をするのか。なかなか難しいところではあります。かくいう自分にしても、この記事のイメージとして洗濯もの場面を選んでいるわけですから。主婦=洗濯でもないとは思っているのですが。

(Visited 18 times, 1 visits today)