川端康成の無言が意味すること

Posted on

1968年、川端康成は日本人として初のノーベル文学賞を授与され、ストックホルムでの授賞式には紋つき袴の正装で出席、格調高い日本語でスピーチを行い、深い感銘を与えた。本書はその全文である。冒頭、まず道元「春は花夏ほととぎす秋は月冬雪さえて冷(すず)しかりけり」、明恵「雲を出でて我にともなふ冬の月風や身にしむ雪や冷めたき」、良寛「形見とて何か残さん春は花山ほととぎす秋はもみぢ葉」の三僧の歌を紹介して、自然との合一ということこそが日本人の精神伝統の根本であることを説き、ついで、芥川の遺書にある「末期の眼」という語や一休の「魔界入り難し」の語をひいて、死や虚無などともこの精神が深く通じていることを述べる。しかし、それは、西欧的な死や無の観念とは違って、死即生、無即有というような豊饒(ほうじょう)自在な世界であり、そこから、日本画、茶、花などのさまざまな伝統文化が生まれてくるのである。以下、伊勢物語から源氏物語へ、古今集から新古今集へと極まっていった古典文学の伝統をたたえ、そのすべてに東洋的無および自然意識が流れていることをあらためて強調して、この印象深い講演は閉じられる。世界に向かって、日本の精神伝統の独自性と豊かさを示した卓抜な日本文化論であると同時に、タイトルからもうかがわれるように、現代日本の文学者である自身にもこの伝統が脈々と受け継がれていることを高らかに宣言する記念碑的作品である。(大久保喬樹)

文学者であるドナルド・キーン氏が亡くなったことに関しての記事を書きました。氏にとって懐かしくもありまた苦い思い出は、やはり川端康成氏との親交ではないかと思います。特に川端氏がノーベル文学賞を受賞して後、大した時間も経っていないのに自死してしまったことに関しては、随分とショックであったに違いないでしょう。川端氏のノーベル文学賞受賞記念講演でも芥川龍之介や太宰治を例に出して、自死については批判的だったにも関わらず、その数年後にはまたその川端氏も自死してしまうわけですから。

そんなことを考えていましたら、急に川端康成氏のノーベル文学賞受賞記念講演の文章を読みたくなり、また実際に読んでみました。今回の記事ではその読後感を書いてみますので、興味がありましたらよろしくお願いします。ただし川端氏礼賛的な話ではありませんので、ご了承願います。

氏の講演タイトルは「美しい日本ーその序説ー」というものです。まずこの講演文章をざっと読んだところで思ったことは、この文章は誰に向けてのものなのか、ということです。この文章には多くの文化人が登場してきます。道元から始まって実に多くの人です。多分、日本に生まれ生きている人たちでも、登場してきた人物について聞いたこともない人も多いことではないでしょうか。ましてや、講演会に集まってきた人たちには、誰が誰だかわからないのではないでしょうか。当然のことながら、文章全体も意味不明なものとして理解されたと思います。
*ネット情報などでは、多くの観衆に感銘を与えた、あるいは名文であるなどの評価がなされていますが、相当無理な話だと思います。まさにこのような話が、氏を追いつめていったとも。

川端氏ほどの人物がこのことを知らないわけはありません。つまりはこの講演会でのメッセージは世界に向けてのものではなく、まさに同時代の日本人に向けたものであり、後に自死したことと強引に結びつけるのではないですが、ある種遺書的なものを私としては感じてしまうのです。

美しい日本ーその序説ーがタイトルです。すでに書きました。でも本当はどうなのかと考えるとーその終わりーが正しいのでは思ってしまいます。

文章の最後はこのようにして締めくくられています。

私の作品を虚無と言う評家がありますが、西洋流のニヒリズムという言葉はあてはまりません。心の根本がちがうと思っています。

長い講演の中で、氏が自作について語っているのは、この部分だけだと言ってよいでしょう。この文章だけでは意味がわかりませんが、その前に虚無(虚空)について、明慧上人の文章を引用して、日本的な虚無についての説明としています。

この文章については正直なところ、私にはよく意味が読み取れません。ただわかるたと思えるのは、虚無(虚空)というもの自体には明るさも色合いもないのだけれども、外の明るさや色合いを反映する、の部分です。

川端氏がこの虚空だとすれば、その外に明るさも色合いもなければ、その存在する意味も価値もないということになります。戦後の日本社会は氏にとって、明るさや色合いがあったのでしょうか。美しさとは同時に人を想うことでもある、そんな文章が講演録の最初のところに登場するのは、象徴的なところです。

全体的に意味もわからず、日本文化の取り上げ方にしても共感はできませんが、ただこの講演文章に引用されているこの和歌だけは、氏のその時々の心持ちを反映しているようで、好きなところです。

真萩散る庭の秋風身にしみて夕日の影ぞ璧に消えゆく

鎌倉末の永福門院