ホームページは業者任せではダメな理由

Posted on

以前、私は「ウェブサイトは必要か」という記事を書きました。結論から言えば、NOです。ある意味運営している会社の業務を否定する内容ではありますが、真実のことですから、これを捻じ曲げるわけには行きません。

ではなぜそのような記事を書いたのでしょうか。それはネットでよく見かけるウェブ業者の発言内容があまりにも無責任ですからです。全て結論ありきの話。あたかもウェブサイトがなければビジネスがうまくいかないようなことです。

もっと根本的な話をすると、大概のウェブ業者などには本当のウェブサイト運営あるいは経営の経験がないのです。いや勿論ウェブサイトが作れないということではありません。作れなければウェブ業者というわけにもゆきませんから(実際は単なるグラフィックデザイン経験ばかりが多いですが)。

私たちが本当に望んでいるのは、今実際に運営しているビジネスを伸ばすためのウェブサイトです。そしてそのような意味のあるサイトを作るためには、業者任せではダメなんです。

具体的なところでこれまでの話を検討してみましょう。飲食店専門のWebデザイン制作会社があります。私の目からみても素晴らしデザイン表現ですし、このデザインを見せられたら、どのような店主も喜ぶことは間違いないでしょう。

店主としてはそれで満足していてはダメです。第一考えてもみてください。お店の看板などとは違って、どんな立派なウェブサイトを作っても、実際は誰もその存在に気がつかないのです。サイトを訪問する人を増やす仕組みが、そのウェブサイトに組み込まれている必要があります。ウェブサイトとは単なる絵ではなく、機能を持った情報発信装置なのですから。

ネット機能について疎いということから、どうしてもウェブ関連業者に弱腰となってしまい、言いたいことも言えない状況に陥りがちです。何もむやみに威張る必要もありませんが、これまでの商売の経験から得られた知見をどのようにして今作成しているウェブサイトに組み込んでいくのか。業者とよく話し合いながら、自分ごととしてウェブサイトを考えていくことが大事です。

実際にウェブサイトの運営で成果を上げたいならばの話ですが。

(Visited 11 times, 1 visits today)