日本人の勝算:東洋経済オンラインより

Posted on

「日本人の優秀さ」こそ、この国の宝だ――。 日本在住30年、元ゴールドマン・サックス「伝説のアナリスト」、 日本文化に精通する「国宝の守り人」、日本を愛するイギリス人だから書けた! 外国人エコノミスト118人の英知を結集して示す、日本人の未来。 「人口減少×高齢化」というパラダイムシフトに打ち勝つ7つの生存戦略とは。

■筆者からのコメント■
日本に拠点を移してから30年、さまざまな出来事を目の当たりにしてきました。 経済の低迷、それにともなう子どもの貧困、地方の疲弊、文化の衰退 ――見るに耐えなかったというのが、正直な気持ちです。 厚かましいと言われても、大好きな日本を何とかしたい。 これが私の偽らざる本心で、本書に込めた願いです。 世界的に見て、日本人はきわめて優秀です。 すべての日本人が「日本人の勝算」に気づき、行動を開始することを願って止みません。 ――デービッド・アトキンソン

世の中は景気が良いのか悪いのか、本当のところはわかりません。なにせ経済指標がでっち上げのものですから。ただ確かなことはあります。次の変化がどのようになるのかわからずに、じっとしてその変化を待っている、ということです。しかし時の変化が待つことはありません。すでに手遅れでないのか、そんな不安が人々を取り巻いています。ですから、当然のことながら個人消費も増えないわけです。

次の変化はどのようなものであり、それにどのように対処して行くのか。そのことを分析し、提言しているのが、「日本人の勝算」:デービッド・アトキンソン著という本です。この著者が関連した話を東洋経済オンラインで展開していますので、今回はこの話をしたいと思います。

筆者の立場は明確です。日本の高度成長があったのは、何も日本人が優れていたということではなく、人口増が他の国より多かったというものです。自慢ではありませんが、私自身も氏の意見を聴く前から同じようなことを考えていました。そしてただ同じだけではなく、また別の要素のことも考えていました。その別の要素と集中ということです。

言葉は悪いですが、人口増加により地方での余剰人員(農家の次男や三男)が大都市に集中することで、空気を圧縮すると熱量が発生するように、その集中が経済の発展を強力に推し進めたわけです。

人口統計などを見ればわかるように、今現在でも東京などの大都市への集中は続いています。しかし以前と違うのは、集中してくる人たちは、地方の余剰人員というものではないことです。地方経済の本来ならば中核を担う人たちなのです。ですから、どんどんと地方が疲弊しているのが現在の状況であり、大都市への集中が生み出す富も、国力という視点で見ると、もう効果がないわけです。

話が横道にそれたようです。著者の意見を聞いてみましょう。先ほど私自身の自慢話めいたことをお話ししましたが、別段自慢できるような話でもありません。単なる現象に気づいたというだけのことであり、肝心の解決策を提示することはできていないからです。著者であるアトキンソン氏が人気があるのは、実現可能かどうかは別にして、他の評論家などと異なり、独自に考えられた解決策を提示しているからだと、私は思います。

では氏が提示する解決策とは何か。これも単純明快で、従業員の給与を増やすことです。特に最低賃金のこと。先進国では最低である最低賃金の水準を引き上げることです。わかりやすい例としてマックのハンバーガーの各国比較を使って説明しています。どのような内容なのか。私が概略を話すよりも実際に氏の話を聞いた方が有益なので、興味のある方は以下のページにアクセスしてみてください。

https://toyokeizai.net/articles/-/267008?page=5