口コミサイトが終わる時

Posted on

少し前までは、私としては飲食店のウェブサイトは意味がないと思っていました。飲食店経営者の方ならばよくわかると思いますが、検索にしてもいわゆる口コミサイトが上位に表示されてしまうからです。そしてこの口コミサイトというのが沢山あるんですね。たとえご自分のお店のサイトを持っていたとしても、検索のトップページに表示されることは、本当に稀であって、実際にそのサイトに気がつく人もいないわけです。

まあそれはそれとして良いこともあるかもしれません。客観的にお店の状態がレポートされているならば。問題となるのはその口コミサイトの中身です。随分と悔しい思いをしている飲食店経営者の方も多いのではないでしょうか。料理評論家気取りの得体のしれない人間が、偉そうに料理の品定めをしている。滑稽ではありますが、しかし残念ながら、どうすることもできません。

口コミサイトに関しては、随分と前から黒い噂が流れています。口コミサイトって、お店それぞれに点数をつけていますね。この点数が実は人為的なものである、ということです。つまりは本当の口コミではなく、口コミサイトを運営している人間たちが、自分たちの利益になるように点数を勝手に操作しているのです。もちろん、これは違法ではありません。第一口コミサイトなどというものは、ある企業の私的所有物であり、何も客観的な事実を伝える義務もヘチマもないからです。

噂だけではなく、この点数が実にいい加減であるかは、私たちの経験を振り返ってみればすぐにわかることでもあります。点数が高いので期待して行ったお店がそれほどでもなかったり、またいつも行っていて良いお店だと感じていたところが、随分と低い評価だったりして。

口コミサイト側でもこのような黒い噂を払拭しようとして、色々な方策を打ち出しています。その一つが、意見を述べている人間それぞれの活動履歴的なページです。口コミ会社側の人間ではなく、ちゃんとした個人が書いているとのアピールです。でもどうでしょうかね。このページがまたキモいのです。すでに数百軒ぐらいのお店にコメントを出している人もいるわけです。こいつ食べるだけが趣味なのか、そんな感じ。そのようなマニアックな人たちと私たちの好みは当然と異なるわけで、お店の評価ポイント自体は客観性があるかもしれませんが、そのポイントをつけている人たちが、私たちとはかけ離れた人々ならば、そのようなポイントは私たちにとって何の意味もないことは、当たり前の話です。

飲食店経営の人ならばこんなことは承知なのですが、どうしようもないわけです。検索で上位を占めてしまうわけですから。人為的に評価ポイントが下げられるのを怖がって、口コミサイトに泣く泣く広告料を払っている人もいると聞きました。特に札幌での裁判所判決が効いているみたいです。一旦悪口を掲載されてしまってからでは、その悪口がどんなに根拠のないものでも、取り消し要求はできないというものです。結局、その悪口を言われた飲食店は潰れてしまうのですが、どうも不当な判決です。口コミサイトなんかそれほど社会的な価値がないのに、あたかもそれなりの価値があるようにする判決です。先にも書きましたように、口コミサイトなどは単なる一企業の私的所有物にしか過ぎないのです。

どうもつまらない話が続きましたが、飲食店関係者の方々を暗い気持ちにするためではありません。その逆であり、随分と長い前書きとなりましたが、今日の本題に入りたいと思います。本題とは「口コミサイトは終わった」であり、希望が持てる新しい動きについてです。

別段Google社の提灯持ちを勤めてもこちらには何の利益もないわけですが、最近のGoogle社の動きについては評価できるところがあります。根拠もないことですが、多分、この前おおごととなったキュレーションメディアのことが影響しているのではないでしょうか。子供などからお金を巻き上げていた会社が、そちらの活動では社会的な批判を浴びたので、健康情報サイト的なものを立ち上げて、そちらで収益を無理にあげようとして起こった騒ぎです。詳しい話はここでは割愛しますが、とうのその会社が避難を浴びただけではなく、そんないい加減なサイトを検索上位にあげて表示したことで、検索機能を提供しているGoogleにも批判が集まりました。

つまりのところ、健全なインターネット社会がなければGoogleは生きていけないわけです。そこで最近は、飲食店などをローカル検索すると、先のような評判の悪く恣意的な情報を垂れ流している口コミサイトではなく、関連するお店が表示されるGoogleマップが最上位に表示されるようになりました。当然のことながら、口コミサイトなんかよりも、こちらのGoogleマップ表示の方が利用率は抜群に高くなります。何をやっても口コミサイトが上位に表示されてしまうので、諦めムードが多くの飲食店にあったと思います。まるで●●ザにみかじめ料を払っている感じです。

ローカル検索(地域名+検索したいもの)でのGoogleマップの機能とその活用方法については、また別の機会にお話ししたいと思います。今日のところは、この辺りでおしまい。これからの時代は、「口コミサイトは終わった」が合言葉となるでしょう。

 

(Visited 7 times, 1 visits today)