View Post →
復興以上の桜田を選んだ千葉8区とは?
Posted on

桜田なにがし大臣が辞任しました。首相の任命責任云々が言われていますが、責任が問われるべきは当然のことながら、このような人物に投票した人たちではないでしょうか。桜田なにがしを選んだ選挙区は千葉8区。どんな選挙区でありなぜこのような人物が選ばれるようになったのか。その背景を探ってみました。

View Post →
元号インフレの平安時代
Posted on

新しい元号である令和が制定されたところで、ちょうど良い機会ですので、元号で日本の歴史を振り返っています。この前の記事では最初の元号である大化が使われた飛鳥時代から奈良時代までもカバーしました。奈良時代最後の元号である延暦の時代に京が奈良から京都へ遷都されました。平安時代の始まりです。今回の記事ではこの平安時代の元号で歴史を振り返ってみたいと思います。

View Post →
バイトテロと24時間営業の深い関係
Posted on

コンビニなどの24時間営業がバイトテロの温床となっている。以前から指摘されていることですが、コンビニチェーン本部はあくまでも24時間営業を死守する構えです。何故、24時間営業に固執するのか、そしてバイトテロの行方は。探ってみました。ポイントは24時間営業の価値の再考と働く人の人数確保です。

View Post →
忖度議員を選んだのは誰だ
Posted on

いつもながらの議員の不祥事。つまらない発言をして、結局は引責辞任みたいなことで終わってしまう。私の個人的な経験ではありますが、中国と日本のGDP差を知ってからは、そんなに簡単に済ませる話ではないと思いました。こんなことをしていては、多分近い将来、奈落の底に落ちることを覚悟しなければならない事態が確実に発生する、そんな危惧感を覚えました。別段、狼少年になりたいわけでもありませんが。

View Post →
個立時代を生き抜く読書術
Posted on

改元のばか騒ぎが終わってみると、目の前に広がるのはいつもの先行きの見えない光景。私たち一人一人がその先を見つけなければならない個立時代です。このような時代こそ、有益な本を見つけ、その価値を自分のものとする読書術が必要となります。個立時代を生き抜くための読書術とはどのようなものか。まずは基本の考え方から始めます。

View Post →
令和で考える日本の歴史
Posted on

新元号が令和と決まりました。元号自体についての議論も盛んになっていますが、私の興味は、元号とその時代の社会情勢との関係です。どの元号の時はどのような社会であったのか。元号で日本の歴史を改めて考えてみたいと思います。長い話となりますので、今回は飛鳥時代と奈良時代。意外な時代の様相が浮かび上がってきます。

View Post →
逆賊大伴氏の復権?
Posted on

新元号である令和に関しては色々な意見があると思います。それはそれとして、この機会に私たちの歴史を振り返ってみるのも良いかもしれません。この元号は大伴旅人からの引用とされていますが、実はこの大伴一族は、天皇への反逆罪を理由として平安時代にほぼ絶滅された一族でもあります。なぜ今大伴氏なのか。興味はつきません。

View Post →
英国騒乱は日本の未来
Posted on

EU離脱を巡る英国の騒乱は、決して人ごとではありません。2011年ごろは日本と同等だった中国のGDPはすでに3倍近く。近い将来には10倍ぐらいにもなる可能性があります。その時には、東アジア経済圏的なものが登場するでしょう。この時、この経済圏に参加するかどうかで、日本国内で深刻な対立が発生する可能性があります。