View Post →
令和が始まりメディアが終わる
Posted on

令和という新しい時代が始まり、多くの人はより良い時代になるのではないかと、期待に胸を膨らませていることでしょう。しかし同時に懸念されることは、平成時代に明らかとなった、国民相互の不信と分断。その分断を助長しているのがメディアです。メディアなど頼らずに自主独立で生きることが、令和ではより一層求められます。

View Post →
令和の万葉秀歌5選
Posted on

新元号である令和の原典として、万葉集に注目が集まっています。名前は誰でも知っているのですが、その中身はどのようになっているのか、知らない人も多いのでは。わたくし自身としても、高校の古文以来、万葉集を読んだことがありません。ちょうど良い機会ですので、好きな歌を中心にして、万葉の時代を振り返ってみました。

View Post →
集客力のある注目記事の作り方
Posted on

ホームページ運営で大切なのは、有益な情報を定期的に発信していくことです。残念なのは、地道な活動=ジリ貧活動となっているサイトも多数です。こんな時は、注目記事が効果的。人々が話題としているテーマについての記事です。ただ注目記事は同時に危険性を招くものであり、その作り方には最新の注意が必要となります。

View Post →
池袋プリウス暴走事故の真相
Posted on

またも自動車の暴走事故。池袋の事故では親子が殺されてしまいました。マスコミでは老人による事故だと強調していますが、本当でしょうか。事故車は何かしらいつも見慣れた車種。実際調べてみると、2016年からの1年間で12件もの暴走事故がこの車種で発生。タクシードライバーによる事故多く、単純な年寄り事故ではないのかも。

View Post →
老人性自動車事故症候群?
Posted on

最近増えている印象の自動車暴走事故。大概は運転しているお年寄りの自己責任のように語られる場合が多いようです。まさに老人性自動車事故症候群といった病気が存在するかのような。そのことは本当でしょうか。某国営放送は、車庫入れが苦手な人は暴走事故を起こすような話を展開しています。デタラメな話が真実を覆い隠しています。

View Post →
消えた漱石の遺骨
Posted on

知っているようで知らない文豪夏目漱石。夏目漱石の次男である伸六氏による「父・夏目漱石」は、夏目漱石を知るには最適な本の一つです。子供達には煙たがられ、妻とも折り合いが悪く、時には死んでしまった文鳥の亡骸を前にして涙する漱石。厳しくもまた優しくもある伸六氏の視点は、従来の身内本にはない魅力があります。

View Post →
本の散歩→加藤周一「読書術」
Posted on

加藤周一氏の「読書術」を読みました。30年間もベストセラーを続けた理由もよくわかりました。どんな本を読むよりかも、どのように読むかについてわかりやすく解説しています。最近の読書方法についての本は実行するには難しいと感じている方。気軽に楽しくそして役にもたつ本の読み方が解説されていますので、私としてはおすすめ。

View Post →
武蔵の国うどん紀行
Posted on

香川県の讃岐うどんが有名ですが、関東地方でもうどんで有名なところがあります。武蔵野うどんです。小平などの多摩北部から川越、熊谷までの広い範囲で、うどんは生活として大きな役割を果たしてきました。冠婚葬祭から、村々での寄り合いまで。うどんが出ないことはありません。うどん文化が生まれたのか。探ってみました。

View Post →
ネット事件簿:恥知らずな原子力村
Posted on

WTOの最終判決が決まり、東北地域の海産物は今後数十年あるいは数百年にわたり、輸出ができなくなりました。自分たちの責任でもなく、東京電力や原子力関係者の怠慢がその原因なのに。一方では、つまらないHPを公開している、日本原子力産業協会。自分たちの責任はもう忘れたみたいです。無責任な行政はもういらないのでは。